くりっく株365で取引できるNYダウって?日経225って?

ほぼ24時間取引OK、円建てOKでこれは便利、と言われているくりっく株365ですが、あなたはもうご存知でしょうか。
くりっく株365とは、日本で初となる、公的な取引所による差金決済型の株価指数証拠金取引です。
別名、取引所CFDとも呼ばれます。
国内外の株価指数の取引が少額から行うことができますし、配当も受け取れるという何とも素敵な投資商品なのです。

取引できる株価指数の中には日経225、そして最近ではNYダウが加わっています。
この他にも、イギリスのFTSE100、ドイツのDAX®などの取引ができます。
海外の株式指数でも、円建てで売買できるのがこのくりっく株365の魅力でもあります。
難しい為替の変動リスクなどのことを考えなくていいからなのですね。
仕組みがシンプルなのも、人気の秘密かもしれません。

さて、ここで登場した日経225とは一体何のことかと言いますと、これは日本経済の動向を象徴すると言われる、国内で一番有名な株価指数のことです。
これは日本を代表する企業、225社の株価の平均値を出したもので、日本経済新聞社、いわゆる日経が算出・公表していることからこう呼ばれます。

そしてNYダウですが、こちらも同じような感じと考えていいでしょう。
ただし、こちらはアメリカの大手優良企業30社の株価の平均値となります。
そして日経ではなく、ダウ・ジョーンズ社が算出するものです。

どちらも時代の流れや動向を見ながら、この構成銘柄が変わっていくのは同じです。
時代を反映したものになっているため、日経225は日本経済の、そしてNYダウはアメリカの経済の状態を顕著に表すのです。
ちなみにNYダウに関してはアメリカのみならず、世界の経済動向を示すとも言われて注目を集めています。

そしてこの2つには密接なつながりがあり、NYダウの株価指数が下がると、日経225も下がるというふうにリンクしています。
時間差こそあれ、この動き自体は普遍的です。
そのため、ペア通貨として投資にも使われやすい組み合わせとなっています。

日経225で儲けたい投資家はファンダメンタルズを使う?

投資家が投資をする心理、それはやはり「稼ぎたい」のはず。
一番儲かる銘柄や投資の方法を常に探しているのではないかと思います。
そしてできればローリスク・・・。
そこで登場するのが日経225です。
日経225は、日経平均株価のことです。
そして、その日経225を使った株価指数先物取引を日経225先物と言い、これにはミニとラージがあります。
ちなみにミニは日経平均株価の100倍で、ラージは1000倍となっています。

その日経225先物へ投資する際の分析手法は2つ。
1つが、政治経済や、投資対象の価値などを事細かに分析し、将来を見通した価格を予想するファンダメンタルズ分析です。
そしてもう1つが、チャート分析などを使ったテクニカル分析になります。
通常、投資家が好んで使うのはテクニカル分析となります。
これは自分がいろいろな情報を仕入れて行うものであり、その情報自体が比較的手に入れやすいものだからです。
ファンダメンタルズ分析に必要な情報は意外に手に入れにくいものが多いのです。

実際、その企業がどのくらい儲けているかという真実は分かりにくいですね。
先日の三菱の件のように、後になっていろいろなことが発覚し、お金を放出したりすることもある訳ですから、油断はできないのです。
しかし、企業の業績や資産とその株価が連動しているのは事実なので、正確な情報を仕入れることができればこれほど有効なものはありません。
情報が入らないことだけが問題なのです。

そのことがあるためか、投資家向けの書籍は、分析というとこのテクニカル分析の方法について書かれたものが圧倒的に多くなっています。
ただ、それぞれの考え方ややり方があるのと、難しい言葉が並んでいることが多いので、完全に理解するには時間がかかってしまうこともあります。
もちろん、コツコツ学びたい、と言う人にはお勧めです。
分かりやすいブログなどもあるので、あれこれ探してみるとまた新たな発見があるかもしれません。

FXとCFDの違いと日経225先物

FXというのはCFDの一種となりますが、CFDで扱っていく銘柄の中で、為替に属しているものがFXとなります。
CFDとFXに大差はありませんが、取引する業者を選択していく際に、FX業者を選択しておくと有利な条件が整っているケースが多いです。
CFDにおいては国内では取扱っている業者が少ないですが、証券会社やFX専業業者がCFDへ参入してくるケースも見られています。
これが数年後はサービス改善へとつながっていくこともありますがわ、FXだけを行いたい時には別で会社を探してもいいでしょう。

とにかくFXの魅力として、スワップ金利が低くなっています。
低金利である通貨を売っていきながら、高金利な通貨を買うようにポジションを保有していくことによって、金利差の分だけ日々スワップ金利で受け取っていくことができるようになっています。
算出方法がFX業者によって異なっており、業者の収益という形で差し引かれていくようになっていることもあります。
業者間で非常にバラツキがありますが、CFDを取扱っている業者の中でスワップ金利が非常に高くなっていることもあります。
そんな中で人気が高い日経225先物を選んでいる人もいます。
日経225先物取引は株式市場へ上場をしている銘柄の中から選ばれた、225銘柄から算出されていく株価指数で計算していきます。
そして株価指数を売買していく取引となっています。
先物取引となっているため、一定期日で取り決められている売買価格によって取引を進めていくことになります。
株式投資のような個別で銘柄を選んでいく必要もなく、あらかじめ選び出されている225銘柄での株価の平均値によって投資を行うことができます。
特定企業に投資を単に行うのではなく、株価指数へ投資を行っているため大暴落などのリスクにも対応することができます。

FXと異なっている部分として、毎日取引ができるFXと比較して、日経225先物の取引時間は平日の昼場となっています。
通貨でなく株価指数となるため、知識も必要となるので注意しましょう。

資産運用に適するくりっく株365にもリスクがある!

資産運用とは、ご自身が持っている資金を貯蓄したり、投資したりして増やしていくことを言います。銀行で定期預金をするのも僅かながらですが、利息分がプラスになりますよね。しかし、もっと増やしたい!という方は、くりっく株365にチャレンジしてみるのもひとつの方法です。

くりっく株365は日本で初の公的な取引所によるFXであり、資産運用をグッと面白くする方法と言われています。ただし、くりっく株365にもリスクはあるので、始める前にどのようなことが起こり得るのかしっかりと学んでおく必要があります。

やはり1番のリスクと言えば価格変動による影響です。取引対象となった通貨の価格が変動した際、損失が発生する恐れがあります。さらに大きなリターンを目的にレバレッジを高めにすると、その分リスクも大きくなるので欲に目がくらんでしまっては危ういです。他にも金利変動リスクや流動性リスク、システム障害によって不測の損失が発生したり、税制や法律の改正によって不利益な状況に追いやられる可能性など、くりっく株365には資産運用の裏側に幾つかのリスクが隠されています。しかしそれでもトレーダーが多いのには、リスクを理解したうえで取引すればきちんと利益を得られるからなのでしょう。

日経225先物で起こりがちなデメリット

日経225先物は魅力的なメリットばかりですよね。そんな魅力的に惹かれ始める方も多いのではないでしょうか。しかし何事にもメリットがあれば逆にデメリットもあるものです。日経225先物もまた幾つかのデメリットがあるので、始める前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

まず最大とも言えるデメリットは、元本保証がないことです。日経平均株価の変動によって値動きするので、最初に投資した証拠金を割り込む可能性は十分に考えられます。例えば銀行の定期預金は元本保証されて、預けた金額と機関によって利息が発生しますよね。しかし日経225先物は予想を外せば利益を得るどころか、元本すら戻ってこないこともあるので要注意です。そして期限があるのもデメリットのひとつと言えるでしょう。満期日は年に4回、3・6・9・12月に行われます。購入した時期によってはすぐに決済を迎えることもあるので、中・長期トレーダーには不向きと言えます。他にも日経225先物ではレバレッジをすることも可能ですが、数十倍~数百倍ものレバレッジをして予想を外してしまうと、その分損失は大きくなります。過剰レバレッジをしなければ回避できるデメリットですが、欲を出してつい…なんてことのないようにしましょう。

日経225先物を行う上でデメリットの事なんて知らなかった…、では済まされません。日経225先物は全て自己責任なので、事前の確認は必須です。

インデックス投信のデメリット

投資信託のひとつにインデックス投信(インデックスファンド)という商品があります。そもそも投資信託とは、投資のプロにお金を預けて代わりに資産運用を委託する、ことです。インデックス投信は日経平均株やTOPIXの指数に連動するように作られています。つまり対象となる指数が上がればインデックス投信の値打ちも上がり、逆に指数が下がれば値打ちも下がるという仕組みです。市場の相場を逐一確認しなくてもプロに任せることができるインデックス投信は、専門的な知識や経験を必要としないので初心者の方にお勧めの資産運用と言えます。

インデックス投信を始める前にメリットだけでなく、デメリットについてもしっかりと知っておきましょう。ひとつは必ずしも利益を得られるとは限らないことです。株価変動によってインデックス投信の基準価額が下がり、元本割れをするリスクもあります。さらに金利変動や為替変動でも元本割れする可能性はあるので、利益を得るどころか元本も保証されていないのが大きなデメリットとなっています。自然災害やテロ、戦争などによって市場の相場が大きく変動したり、予想だにしないことが起きる場合もあります。さすがのプロでもそこまで見極めるのは難しく、場合によっては損をする可能性もあることは頭に入れておくべきです。

日本に居ながら世界の市場もチャートでチェック

FXを行ううえで、チャートは欠かせない存在です。そもそもチャートは過去の為替ルートの値動き、価格や時間を軸としてグラフ化しているので、パッと見ただけで市場のことが分かり、さらにFXを売買するタイミングを決めるのにとても役立ちます。しかし、日本に居ながら世界の株価チャートはチェックすることができるのか?こんな疑問を抱いていませんか?ネット社会と言われる現代では、日本のみならず世界の株価指数と為替の値動きをリアルタイムでチェックすることが可能となっています。

しかし、リアルタイムでチャートが確認できたとしても、取引時間外であれば何もすることができません。例えば深夜に震災やテロなどが発生し思いがけないトラブルが起きて下落したり、大きな相場変動が見られる可能性は十分にあります。そんな時、取引ができなければただ指をくわえて見ているだけです。このような事にならないよう、ほぼ24時間対応の取引所を利用することをお勧めします。万が一、何か起きた時はすぐに対応できますし、使い勝手もよく感じることでしょう。またチャートを提示しているサイトも様々あるので、自分にとってどれが一番見やすいのかを基準にして選んでください。

FXとCFDの違いは?日経225先物取引とはどう違う?

「FXとCFDってどこが違うの?」こんな疑問を持ったことはありませんか?
詳しく知りたい方は
しかし実はこの2つ、全く別物というわけではなく、むしろ同じ形態に属する投資商品です。CFDは差金決済取引と呼ばれ、商品などの受け渡しはせずに売買した時の利益と損失などの差額分で決済します。そしてFXは外国通貨を売買することで利益を得る方法となります。この時点で、やっぱり違うじゃん!と思われた方も要るかもしれませんが大事なのはココから。FDの投資対象は為替ですが、CFDの投資対象は日経225からはじまり、株式や債券、商品など幅広いジャンルを取り扱っています。そしてその中には為替も含まれているのです。つまり簡潔に言えば、FXはCFDの一部であるということになります。

ここまでで「CFDって日経225先物取引と似ている気がする…」と思われた方もいるかもしれません。確かに同じとまでは言いませんが、似ている部分は多いですし、ルール自体はほぼ同じと言って良いでしょう。違いとしてはCFDのほうがほぼ24時間取引可能なこと、取引期限がないので決済期限に縛られないこと、レバレッジを高く設定することができる…などが挙げられます。まずは自分のライフスタイルに合った方法を選ぶのが、重要となるでしょう。